埼玉県・神川町の宿泊施設のオーナー日記・八塩温泉アジサイの里へ行くその三

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、昨日に引き続き、八塩八副神を紹介します。

五つ目の神様は、八塩南沢ささやき福禄寿です。 110710hatifuku.jpg

この神様は、子供たちに知恵と立身出世を授ける神様だそうです。

六番目の神様は、神流の恵比寿です。 110710hatifuku2.jpg

この神様は、知恵を使い、汗する事により幸福と安楽を

授けてくれる神様のようです。

七番目は、八塩谷風の布袋尊です。 110710hatifuku3.jpg

この神様は、この谷に風の様にあらわれ福徳を

授けてくれる子宝、度量、円満の神様と言われているようです。

八番目は、八塩山笑の大黒天です。 110710hatifuku4.jpg

慈愛深く高貴を授ける神として信仰され仏教と共に中国を経て

日本に伝えられたようです。

以上が八塩八福神です。八人の神様がいるなんておもしろいですね!

その八副神の一番奥に大黒滝があります。 110710hatifuku5.jpg

この滝の近くは、とても涼しくてマイナスイオンたっぷりの場所でした。

七副神ならず八副神なんてとても興味深い場所です。

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがですか?

ペンションウエンテラー

HP:http://wentera.com/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wentera.com/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、ウエンテラーが2011年7月10日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「埼玉県・神川町の宿泊施設のオーナー日記・八塩温泉アジサイの里へ行くその二」です。

次のブログ記事は「埼玉県・神川町の宿泊施設のオーナー日記・ウエンテラーの周りに夏が!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。